アコムから追加借入するための方法を解説

 

追加借入

 

アコムをしばらく使っていると、再びお金を借りたいと思う人はいるでしょう。

 

「アコムでもう少しお金を借りたいけど、審査はあるの?」
「アコムで追加借入できるはずなのにできないのは何故?」

 

特に初めて融資を受けたときから長い時間が経っていると、利用できるか戸惑う人も多いはずです。

 

アコムのカードローンは利用者の好きなタイミングで追加借り入れが可能ですが、利用状況によってはできない人もいます。

 

そこで、ここではアコムの追加借入の方法と、追加でお金を借りることができないケースを説明していきます。

 

利用限度額の範囲内に収まる金額なら、自由に追加借入可能

 

自由に追加借入

 

アコムのカードローンは、自分のタイミングで必要なとき追加でお金を借りることができます。

 

ただし、1つだけ条件があります。それは、利用限度額を超えない範囲でなら、追加融資は何度でもOKということです。

 

例えば、利用限度額50万円で10万円を借りている状態で、追加で30万円を再び借りることはできます。アコムの借入金額の合計は40万円で、利用限度額50万円以下になるからです。

 

この例なら、後10万円まで追加でお金を借りることができますが、11万円以上の金額は、限度額を超えるため追加融資は不可能になるのです。

 

このように、現在アコムから借りているお金が、利用限度額以内ならば、限度額を超えない金額を追加で借りることができます。

 

しかも、アコムに連絡をしたりする必要はなく、銀行振込やATMを使って即借入可能です。

 

利用限度額の確認方法

 

自分があといくらアコムから追加借入が可能かどうかは、利用限度額から現在の借入残高を引き算すれば算出できます。

 

しかし、そんなことをしなくてもアコムの会員なら一目で分かる確認方法が6パターンも用意されています。

 

  • 会員ページ
  • アコムATM
  • 提携ATM
  • 電話(アコム総合カードローンデスク)
  • 電話(自動音声対応のアコムプッシュホンサービス)
  • 店頭窓口

 

パソコンやスマートフォンでアコムの会員ページにログインすると、現在の利用状況が確認できます。

 

その利用状況のカードローン(キャッシング)項目の「ご利用可能額」を見れば、あといくらアコムから借りられるか一瞬で分かります。

 

スマホアプリ「アコムナビ」も同様でこれが最も簡単な方法です。アコムカードでATMをよく利用する人はATMでも利用可能額の確認ができます。

 

アコムATMなら「<残高照会>カードローン/ショッピング」、セブン銀行などの提携ATMは「出金可能額照会」という取引メニューがあるのですぐに分かるでしょう。預金口座の残高照会と同じ要領です。

 

追加借入の方法

 

追加借入の方法

 

追加借入可能な金額が分かったら、残すはアコムから追加でお金を借りる方法です。

 

返済方法

24時間365日OK

手数料

会員ページの銀行振込

無料

アコムATM

無料

提携ATM

有料(最大216円)

店頭窓口

×(平日18時まで)

無料

電話(アコムプッシュホンサービス)

無料

 

 

いくつか方法がありますが、最も簡単で素早く借入できるのは会員ページからの銀行振込でしょう。自分の口座にアコムが追加借入の金額を入金してくれます。

 

手数料などの負担金はかかりませんし、スマホユーザーはいつでも借入の依頼をできるので利便性に優れています。

 

ただし、銀行振込の場合は、銀行の営業時間内ならば当日中に振り込んでもらえますが、時間外の場合は翌営業日になります。

 

これは、会員ページにしろ電話にしろ手段は問わず銀行振込ならばすべてこの制限が適用されるので注意してください。

 

もし、15時以降の時間帯で当日中にお金を借り入れたい場合ならば、ATMがいいでしょう。アコムATMは手数料無料でほとんどが24時間オープンしていますから時間を気にせず利用できます。

 

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンなどのATMも使えますが手数料がかかります。手数料の支払いは次回返済時になりますから、手持ちのお金がなくてもカード1枚で借りられるので安心してください。。

 

追加借入すると毎月の返済額が上がる

 

追加でお金を借りると確実に月々の返済額が上がります。これはアコムの月々の請求金額(最低返済額)が、「定率リボルビング」という返済方式で決定されるためです。

 

この定率リボルビングは「最後にお金を借りたときの残高の、○○%(定率)の金額を月々の最低返済額とする」というものです。

 

この定率は利用者によって違います。例えば、定率が4.2%とすると借入残高と各月の返済額は次のようになります。なお、千円未満は四捨五入のため必ず切りのいい数字になるのです。

 

借入残高

毎月の返済額(定率4.2%)

10万円

5,000円

20万円

9,000円

30万円

13,000円

40万円

17,000円

50万円

21,000円

 

このケースで、既に10万円を借りている人が、アコムから20万円を追加借入して残高が30万円になったとすれば、毎月の返済額は5,000円から13,000円に上がり、以降完済するまでこの金額になります。

 

追加融資を受けると、借入残高がアップする訳ですから、毎月の返済額がほぼ確実に上がります。借入後に返済額が高くなって疑問に思った人は、それは間違いではなくアコムの最低返済額の決定方法によるものなのです。

 

限度額を超えていないはずなのに追加借入ができなくなるケースがある。

 

限度額30万円で10万円の借入残高ならば、20万円までなら追加でお金を借りることができるはずです。しかし、利用可能枠が残っているにも関わらず追加借入ができないことがあります。

 

主な原因は4パターンあります。

 

  • 利用限度額に達していた
  • 総量規制による制限に達していた
  • 数日程度の支払い遅延
  • 長期的な滞納や頻繁な延滞

 

それぞれについて、原因と対処方法を詳しく解説します。

 

利用限度額に達していた

 

まず自分の利用限度額、利用可能額を会員ページで確認しましょう。利用可能額が0円ならば限度額いっぱいの借入を既にしているので、追加の借入はできません。

 

このケースは、審査当初の限度額が変わらずキープできている場合は起こりにくいですが、途中で限度額が下がってしまった人に起きやすい借入トラブルでしょう。

 

限度額は利用中に下がることがあります。アコムは契約者の利用状況・信用情報を定期的にチェックしています。

 

これを与信調査(途上与信)といって、もし返済能力が入会審査時よりも下がっているとアコム側が判断したら限度額を下げる措置をとったりするのです。

 

もし、利用限度額に達していることが原因で追加の借入ができない場合は、返済を進めて利用可能額を増やしていくか、アコムの増額審査を受けて利用可能額自体を上げる必要があります。

 

総量規制による制限に達していた

 

消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠の借入は、貸金業法の総量規制によって年収の3分の1以下に制限されます。

 

アコム単体の借入ならば、利用限度額が年収の1/3を超えることはありません。ただし、アコム以外の他社の借入やカードのキャッシング枠が増えたりすると、アコムの追加借入のタイミングで総量規制に抵触する可能性があります。

 

総量規制の上限、つまり年収の1/3を超えてしまった場合は、返済のみの対応しかありません。返済を続けて借入が可能な金額の余裕を作るまでは追加融資は不可能です。ですから、それまでの間は「返済専用」になると考えてください。

 

数日程度の支払い遅延

 

アコムの返済日を1日でも遅れると、まず真っ先に返済をしなければなりません。延滞中は追加借入ができないのです。

 

数日程度の延滞ならば、遅れていても返済を済ませれば追加借入はできるようになります。しかし、長期的な滞納になってしまうと追加の借入ができなくなる恐れがあります。

 

長期的な滞納や頻繁な延滞

 

アコムのカードローンの利用状況は、アコムが加盟している「株式会社日本信用情報機構(JICC)」「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」という信用情報機関に記録されます。

 

3ヶ月以上の滞納は信用情報上では事故情報(記録上は「異動」と呼ばれます)という扱いになり、新規にカードを発行したりカードローンを作れなくなります。

 

事故情報とはならなくても、1ヶ月の延滞を繰り返したり、毎回毎回延滞をしてしまうなどすると、アコムから信用されなくなり、いくら限度額に余裕があっても追加借入ができなくなり、返済のみの利用になってしまいます。

 

くれぐれも延滞はしないようにしましょう。

限度額に達している人が、追加融資を受ける方法

 

利用限度額に達してしまうと新たな借入はできませんが、限度額を上げる「増額」という方法があります。

 

限度額50万を100万円に引き上げるといったことが可能なのですが、新たに審査を受ける必要があります。

 

ここでは、アコムの増額審査の方法や特徴について見ていきます。

 

限度額の増額は審査がある

 

利用限度額の増額(契約極度額の増額とも言います)は、アコム入会時同様に審査をします。ですから、入会時同様に、申込・審査を経て問題なければ増額されます。

 

しかし、審査によっては増額されない場合もあるのです。アコム契約時同様に返済能力や信用を重点的に評価されます。

 

支払日をきちんと守っている方なら、アコムの利用に伴う信用評価も入会時より上がっているはずですから十分に増額のチャンスがあるはずです。

 

増額審査の申込方法

 

申込方法は5通りあります。

 

申込方法

24時間OK

土日・祝日

会員ページ

アコムATM

自動契約機(むじんくん)

8:00〜22:00※

電話(アコム総合カードローンデスク)

9:00〜18:00

店頭窓口

平日9:30〜18:00

×

※ 一部時間の異なる店舗あり

 

アコム利用者ならば会員ページから極度額の変更申込をするほうが簡単でしょう。パソコンやスマートフォンの入力に不慣れな人などは、アコムATMか自動契約機(むじんくん)も便利です。

 

アコムの増額審査は即日対応が可能で、審査は土日もしてくれますから、曜日関係なく急ぎで限度額を上げてもらいたい人でも十分対応できます。

 

ただし、即日対応はできますが、21:50以降の受付は翌日回答になります。夜遅い時間になると審査が翌日に持ち越しになる可能性が高まりますから、なるべく明るい時間帯に申込むといいでしょう。

 

実は、アコム側から増額案内が来ることがある

 

アコムは、定期的に利用者の返済状況をチェックしていて返済が良好な人には、アコムの方から増額をしませんかという案内のメール連絡が来ることがあります。

 

会員ページログイン後に「ご契約極度額(キャッシング)の増額に関するご案内です」と表示されている人は、そのタイミングで申し込んでもいいかもしれません。

 

追加借入をする必要が現在はないにしても、利用限度額が上がると金利が下がる可能性が十分ありますので、アコムの利用がますますよくなっていきます。

 

まとめ

 

アコムの追加借入の方法について紹介してきました。カードローンは限度額を超えない範囲ならば何度でも自由に借入ができます。

 

利用可能額が十分あるなら、会員ページかATMで簡単に追加借入できますので利用してみてください。また、限度額を上げて利用可能額を増やす方法もあります。

 

その場合は申込・審査が必要になりますので、審査の結果によっては増額されない場合もあります。支払い遅延などは追加借入ができなくなります。

 

利用可能枠があるにも関わらずアコムでお金を借りることができない人は、この記事の原因と対処方法を参考にしてみてください。

 

 

アコムやおすすめのカードローンランキング

当サイトおすすめ順ランキング

アコム

アコム

実質年率 3.0%〜18.0%
融資枠 1〜800万円
無利息 30日間

アコム公式サイトへ


プロミス

プロミス

実質年率 4.5%〜17.8%
融資枠 1〜500万円
無利息 30日間

プロミス公式サイトへ


SMBCモビット

SMBCモビット

実質年率 3.0%〜18.0%
融資枠 800万円
無利息 -

SMBCモビット公式サイトへ