アコムのカードなしで借入できる方法がある

 

アコムカードなしで借入

 

たまたまカードを持ち忘れてしまったり、カードが何故か読み込まれなくてATMではじかれてしまったりと、カード以外の借入をしたい状況はいくつかあるでしょう。

 

借入は返済に比べて頻度が減るのが普通ですから、急にカードなしの借入といっても思いつかないかもしれませんよね。

 

そこで、ここでは、アコムのカードなしでお金を借りる方法を紹介していきます。

 

アコムはカードを持ち歩かなくても安心して借入が可能なのでカードレスでのアコムの使い方が知りたい人はぜひ参考にしてみてください。

 

カードレスの契約は不可、必ずカードが発行される

 

まず前提として、アコムでは必ずカードは発行します。これに対して、プロミス、アイフル、SMBCモビットといった他の大手消費者金融はカード不要で契約が可能です。

 

つまりアコムの利用者は、全員がカードを持っているはずなのです。アコムカードが使えない理由は様々ありますが、もし手持ちのカードを失くしてしまったり、カードの破損や磁気不良でATMが正しく認識してくれずにカードが使えない状況にあるならば、最優先すべきはカードの利用停止・再発行です。

 

特に不正利用されると困りますから、カード紛失は早急にアコムへ電話をかけましょう。

 

それ以外で、

 

  • アコムのカードを持ち歩きたくない
  • 極力スマホで済ませたい
  • 郵送によるカード発行でまだ手元にない

 

などの人は、ATM以外の借入方法を知る必要があります。アコムとの契約にはカード発行が必要になりますが、カードを使わなくてもお金を借りる方法がいくつかありますから、次で詳しくみていきましょう。

 

アコムカードなしの借入方法

 

カード不要(ATMを使わない)で、アコムからお金を借りる方法は「銀行振込」によるキャッシングです。

 

その振込キャッシングが可能な方法は3通りあります。

 

  • 会員サービス
  • 電話
  • アコムの店舗

 

ここでは、それぞれの銀行振込による借入の特徴をみていきます。

 

会員サービス(インターネット)からの銀行振込

 

アコムの公式サイトには会員専用ページがあります。ログインすれば、借入希望額を入力して振込キャッシングを依頼することが可能。

 

これは、アコムに初めて申込んで契約した直後から利用可能なサービスですから、郵送によるカード待ちの人も即日融資が可能になります。

 

会員ページですから24時間365日振込を依頼することが可能ですが、いつ振り込まれるかは利用者の口座の金融機関の営業時間に左右されます。基本的には15時以降、窓口が閉まってしまうので、それより前の時間に依頼をしておかないと即日融資は不可能です。

 

ただし、そのような制限を受けることなくいつでも即時振込キャッシングが可能なアコムと相性抜群の口座があります。

 

口座

振込受付時間

振込実施日

楽天銀行

0:10〜23:50

最短1分後

ゆうちょ銀行

平日14:00まで

当日中(最大17:00まで)

平日14:00以降、土日祝日

翌営業日午前中

その他

平日14:30まで

最短1分後

平日14:30以降、土日祝日

翌営業日午前中

 

楽天銀行口座は、原則24時間365日最短1分の振込が可能です。特に週末お金が必要になったときに大きな効果を発揮しますね。

 

楽天銀行の口座を持っている人は、アコムの会員サービスから振込口座の登録をしておくと、万が一のときでもすぐ借入できて便利です。

 

楽天以外の口座で即日融資が可能な時間帯は、平日14:30までです。

 

将来的に多くの銀行口座が休日関係なく24時間即時入金可能になるかもしれません。

 

銀行間の取引には、全銀システムが利用されているのですが、2018年10月9日より、全銀システムが24時間即時振込可能なシステム(モアタイムシステム)へとパワーアップしました。

 

三井住友、三菱UFJ、りそな、楽天、イオン銀行などメジャーな銀行はもちろん国内504行の口座で、他行からの銀行振込が24時間即時反映されるようになっています。システム上24時間即時反映できるものですが、一部の銀行は即日対応の時間拡大に留めているところもあります。

 

アコムの振込キャッシングの即日融資可能な時間帯の拡大については、まだ公式アナウンスはありませんが、近い将来そうなる日が来るかもしれません。

 

電話で銀行振込を依頼する

 

アコムには振込受付用のアコムプッシュホンサービス(フリーコール)があります。

 

※ アコムプッシュホンサービスの電話番号・受付時間
電話番号:0120-134-567
受付時間:0:10〜23:50

 

ほぼ24時間受付で、電話は自動音声装置による対応です。

 

こちらもアコム会員ページからの振込キャッシング同様に、依頼は24時間OKですが、振込の実施は利用者の口座の金融機関に左右されます。

 

営業時間内ならば即日融資ができますが、時間外ならば翌営業日対応になるのは全く同じです。

 

アコムの店舗に行く

 

店舗で借入

 

アコムの支店窓口でも借入の受付を行っています。窓口の利用ならば受付担当者と相談しながら進められるという点はメリットでしょう。

 

しかし、アコムの店舗の営業時間は「平日8:30〜18:00」までです。土日祝日は休業ですし、平日の昼間働いている人にとっては、利用しやすいとは言えませんね。

 

また、2018年10月末時点でアコムの有人店舗数は全国22店です。

 

地域

店舗

北海道

札幌駅前支店(北海道)

東北

仙台駅前支店(宮城県)

関東

宇都宮駅前支店(栃木県)

大宮西口支店(埼玉県)

津田沼支店(千葉県)

西新宿支店(東京都)

渋谷ハチ公前支店(東京都)

池袋西口支店(東京都)

立川支店(東京都)

相鉄横浜駅前支店(神奈川県)

川崎駅前統括支店(神奈川県)

中部

新潟支店(新潟県)

静岡駅前支店(静岡県)

名古屋駅前支店(愛知県)

近畿

京都駅前支店(京都府)

天王寺統括支店(大阪府)

梅田支店(大阪府)

三宮支店(兵庫県)

中国

八丁堀支店(広島県)

四国

松山市駅支店(愛媛県)

九州

福岡天神支店(福岡県)

小禄支店(沖縄県)

 

47の都道府県に対してアコムの有人店舗数は22ですから、25の県にはアコムの窓口がありません。

 

店舗数が決して多いとはいえませんし、交通費をかけて店舗に行くのであれば、余計なお金が一切かからない会員ページや電話からの振込キャッシングがおすすめです。

 

まとめ

 

アコムカード以外の借入方法を紹介しました。アコムは振込キャッシングが可能なので、カードが無くても借入が可能です。

 

最も簡単な振込キャッシングの方法は「会員ページからの振込」です。スマホがあれば、いつ・どこにいてもその場で振込依頼ができます。

 

スマホ操作が苦手な人は、24時間受付可能なアコムプッシュホンサービスに電話をかけるのもいいでしょう。

 

アコムはカードを持たなくても借入ができます。アコムの利用をカードレス化したい人はぜひこの方法を試してみてください。

アコムやおすすめのカードローンランキング

当サイトおすすめ順ランキング

アコム

アコム

実質年率 3.0%〜18.0%
融資枠 1〜800万円
無利息 30日間

アコム公式サイトへ


プロミス

プロミス

実質年率 4.5%〜17.8%
融資枠 1〜500万円
無利息 30日間

プロミス公式サイトへ


SMBCモビット

SMBCモビット

実質年率 3.0%〜18.0%
融資枠 800万円
無利息 -

SMBCモビット公式サイトへ