アコムの金利の計算方法からわかる賢く返済する方法

アコムの金利は高い?

 

多彩なサービスが充実しているカードローンのアコムですが、実際に10万円、50万円などお金を借りた場合、「月々いくら支払うのか」「利子はどれくらいかかるのか」など気になっている人は多いでしょう。

 

特に計算が苦手な人は利息がいくらか分からない状態になりやすいですが、アコムを賢く利用するためには、月々の利子や完済時の利子の総額がいくらになるか理解すること・確認できるようにしておくことはとても重要。

 

でも安心してください。月々の返済額や金利、利子を把握することは、計算するにしても消費税を算出するのと同レベル。誰でも簡単にできます。

 

そこで、アコムでお金を借りたときにかかる金利や利息(利子)を紹介し、アコムを利用するならぜひ活用したい利息の減らし方を詳しく解説していきます。

 

アコムを上手に活用したい人はぜひ参考にしてみてください。

 

アコムの金利は高いのか?

 

さて、まずはアコムの金利は高いのか?低いのか?について見ていきましょう。アコムに支払う利子(利息)は、金利で決まるので、とても重要なことです。

 

アコムの融資可能額

1万円〜800万円

金利(実質年率)

3.0%〜18.0%

 

そして、この金利の数字をただ眺めても高いか低いかは判断できません。

 

まずは他の有名な大手消費者金融と比較をしてみましょう。

 

他の大手消費者金融と同レベル

 

知名度があり金融庁に認可されている大手の消費者金融で比較をします。消費者金融はこれ以外にも多く存在しますが、安全面や信頼性を考慮して、この4社をピックアップしています。

 

 

金利(実質年率)

融資可能な金額

アコム

3.0%〜18.0%

1万円〜800万円

アイフル

3.0%〜18.0%

1万円〜800万円

SMBCモビット

3.0%〜18.0%

1万円〜800万円

プロミス

4.5%〜17.8%

1万円〜500万円

 

アコムの金利は他の消費者金融とほぼ同じです。また、消費者金融に限らずキャッシングやカードローンの商品の金利を見比べるときには、上限金利を見るようにしましょう。

 

金利を比較するときは上限金利を見るべき理由

 

アコムにとって優良なお客さんになればなるほど、金利が3.0%へ近づいていきます。金利は小さいほど支払う利息は低額になりますから、アコムの利用者にとってはとてもお得なことです。

 

金利に幅があるのは、アコムをきちんと利用し続ければ、より低金利になる可能性があるのです。

 

アコムの金利「3.0%〜18.0%」の上限金利18.0%で比較する理由は、アコムに申込んだ時点では、アコムの利用実績がないため、いきなり低金利でお金を借りることはほぼ不可能だからです。

 

ですから、最初に割り当てられる金利は上限金利付近になることが一般的です。

 

利用限度額で金利は異なる

 

もう1つ、金利について知っておくこと必要があります。それは、金利は利用限度額に応じて決まるのです。

 

例えば、アコムから50万円を借りたら金利は18%以下に設定されますが、100万円の場合は15%以下になるのです。

 

アコムの適用金利と利用限度額の関係

 

金利(実質年率)

利用限度額

7.7%〜18.0%

1万円〜99万円

7.7%〜15.0%

100万円〜300万円

4.7%〜7.7%

301万円〜500万円

3.0%〜4.7%

501万円〜800万円

 

利用限度額とはアコムから最大いくら借りられるかを表していて契約時に決まります。

 

利用限度額ははじめは30万円であっても、返済遅れがないなどきちんと利用していくと、50万円や100万円など最大で800万円まで上げることが可能。

 

アコムの適用金利と限度額の関係は公表していますが、プロミス、アイフル、SMBCモビットは公表していません。

 

しかし、設定可能な金利の上限が利息制限法で、100万円未満は18%以下、100万円以上なら15%以下と定められています。

 

アコムの限度額が100万円以上の場合、金利が「3.0%〜15.0%」になる理由は利息制限法の影響によるものです。プロミスやアイフル、SMBCモビットも例外なくこの法律に従います。

 

従って、特に初めての利用者に関していえば、アコムの特に上限金利18%は、法律の範囲内で、かつ他の大手の消費者金融と変わらない金利となっています。

 

アコムの利息はいくらになるのか?

 

アコムの利息計算式

 

利用者にとっては金利よりも実際にいくら利息が発生するのかの方が重要でしょう。ここでは、アコムの利息は月々いくらかかるのかを理解するためにも、利息の計算方法や特徴について詳しくみていきます。

 

利息の計算方法

 

利息は次の計算式で算出します。

 

利息(円)=借入残高(円)×金利(%)÷365日×利用日数

 

なお、借りたお金を1年後に返す場合は、「借入残高(円)× 金利(%)」で、利子が求められることになります。借入残高とは、アコムに返済しなければならない借りたお金のことです。

 

例えば、金利18.0%で5万円を借りたとき、10日間、20日間、30日間で返す場合の利子(利息)を計算してみます。

 

なお、アコムの利息の端数の扱いは、1円未満は切り捨てとなります。

 

  • 5万円(金利18%)を10日後に返済する場合

利子は246円(5万円×0.18÷365×10日)

 

  • 5万円(金利18%)を20日後に返済する場合

利子は493円(5万円×0.18÷365×20日)

 

  • 5万円(金利18%)を30日後に返済する場合

利子は739円(5万円×0.18÷365×30日)

 

利用日数は少ないほど、利息は安くなります。ですから、借りたらなるべく早く返すというのは理にかなっています。

 

利息は日割り。完済する日までかかる

 

お金を借りている期間は利子が発生します。これは、借りたお金を翌日に返しても1日分の利子がつくということです。

 

アコムで5万円、10万円、30万円、50万円借りた場合の1日分の利息は次の通りです。

 

借入残高

1日分の利子

5万円

24円

10万円

49円

30万円

147円

50万円

246円

 

重要!毎月の返済額に利息は含まれている

 

利子はいつ支払うのかというと、毎月の返済額の中に組み込まれています。正確に言えば、アコムに支払をすると、最初に利息(利子)分が支払われ、残った残金が借りたお金の返済に充てられます。

 

例えば、アコムから10万円(金利18%)を借りて、毎月1万円づつ返済する場合、実際にいくら返済できているのかを計算してみましょう。

 

計算の都合上、1ヶ月を30日としています。

 

借入残高の推移

返済内容

100,000円

 

30日後に1万円返済

※ 1万円の内訳

・利子は1479円

・借入残高への返済は8521円

91,479円

 

30日後に1万円返済

※ 1万円の内訳

・利子は1353円

・借入残高への返済は8647円

82,832円

 

30日後に1万円返済

※ 1万円の内訳

・利子は1225円

・借入残高への返済は8775円

74,057円

 

30日後に1万円返済

※ 1万円の内訳

・利子は1095円

・借入残高への返済は8905円

65,152円

 

 

毎月1万円支払っているつもりでも、実際は利子の分が差し引かれた金額で返済されていることが分かりますね。

 

また、返済するたびに借入残高が減るので、必然的にどんどん利息は安くなっていきます。これは、借入金額や金利が変わろうが、この考え方は変わりません。

 

アコムを初めて利用すると30日間金利が0%になる

 

アコムに限らず金融機関からお金を借りた場合、金利の大小の違いはあるにせよ必ず利息が発生します。1日でも借りれば利子は支払わなければならないのです。

 

しかし、アコムを初めて利用すると、契約日の翌日から30日間金利が0%になります。言い換えれば、この30日間は利子が無料になるのです。

 

30日間の期間限定とはいえ、借りたお金をこの期間中に全額返済してしまえば、利子がかからないわけですから、最も低負担のキャッシングが実現できます。

 

また、金利0%の30日間が経過すると、金利は契約金利へ戻ります。金利が戻ってしまうと何だかお得に感じなくなりますが、借りたお金を6ヶ月以内で完済するつもりの人は、14%〜15%の低金利な銀行カードローンよりも、30日間利息が無料になるアコムを使ったほうがお得になります。

 

初回30日間が金利0%になるということは、その期間中に返済は100%借入残高への支払いに充てられるので、できるだけ借入残高を減らすのがコツです。

 

そうすれば、無利息期間が終了して通常の利子がかかるようになっても、借入残高が小さくなっていればいるほど利子は安くなるのです。

最低返済額で毎月支払うと利息はいくらになるのか?

 

これまで、アコムの金利と利息(利子)について解説をしてきました。返済時は利子の分を除いた残金がアコムへの返済にまわるわけですが、そもそもアコムの毎月の返済額はどのように決まっているのでしょうか。

 

実は、アコムには「毎月これ以上の金額を支払ってください」という最低返済額が決められており、この金額が毎月請求されてきます。

 

「最低金額」なので、それ以上の返済金額を支払ってもOKです。多めに支払えば、その分借入残高が減るので、大きな返済効果が見込めますよ。

 

そこで、まずはアコムの最低返済額を紹介していきます。

 

アコムの最低返済額っていくらくらい?

 

アコムの最低返済額は、お金を借りた直後の借入残高で決定されます。以後、追加でお金を借りない限りは毎月同じ金額を完済するときまで支払っていきます。

 

借入残高

最低返済額

5万円

3,000円

10万円

5,000円

20万円

9,000円

30万円

13,000円

50万円

15,000円

 

一方、途中で新たにお金を借りたら、そのときの借入残高で毎月の最低返済額が再計算されます。

 

例えば、アコム契約後に10万円を借りたら、最低返済額は5,000円ですから、毎月5,000円以上の返済を完済するまで続けます。

 

しかし、残り5万円となったところで、新たに15万円を借りて借入残高が20万円になったら、最低返済額は再計算されて5,000円から9,000円に値上げし、以降は完済するまで9,000円が最低返済額になるということです。

10万円、30万円、50万円を借りたときの最低返済額による返済シミュレーション

 

実際に、最低返済額で支払い続けた場合のトータルの利息額を見てみましょう。

 

アコムから借りたお金

月々の返済額

返済総額

返済期間

10万円

5,000円

119,772円

24回

30万円

13,000円

370,993円

29回

50万円

15,000円

698,327円

47回

 

これは、最低返済額でシミュレーションした返済総額ですから、最もお金を支払うことになった返済方法です。
返済総額が高いか安いかは個人差がありますが、アコムを利用するなら、もっと返済総額を抑える返し方があります。

 

10万円、30万円、50万円を借りたときの最低返済額以上の返済シミュレーション

 

毎月請求される返済金額は、あくまで「最低返済額」となります。それ以上の金額を支払っても問題ありませんし、月1の返済とは別に、ATMで返済を追加しながら進めていくことも可能です。

 

例えば、最低返済額より3000円多く支払う場合と5000円多く支払うとで返済総額がどれくらい下がるかシミュレーションしてみます。

 

金利18%で10万円借りたときの返済例

 

月々の返済額

返済総額

最低額との差額

返済期間

5,000円(最低額)

119,429円

-

24回

8,000円

111,383円

8,046円

14回

10,000円

109,018円

10,411円

11回

 

金利18%で30万円借りたときの返済例

 

月々の返済額

返済総額

最低額との差額

返済期間

13,000円(最低額)

369,712円

-

29回

16,000円

353,961円

15,751円

23回

18,000円

347,027円

22,685円

20回

 

金利18%で50万円借りたときの返済例

 

月々の返済額

返済総額

最低額との差額

返済期間

15,000円(最低額)

694,050円

-

47回

18,000円

648,664円

45,386円

37回

20,000円

628,933円

65,117円

32回

 

最低返済額のみの返済がいかに、利息を多く支払っている状況かが分かったと思います。

 

毎月数千円増やすだけでも、借入金額が大きいのであれば数万円単位の利子の節約効果があるのです。

 

アコムを利用するときは、毎月の返済額より多めに支払うことがポイントです。

 

  • 出費の多い月は、最低返済額で支払う
  • それ以外の月は少し多めに支払う

 

というのが最もアコムで無理なく低利息で完済する支払い方法ですよ。

 

30日間金利0%を活用すれば利息はさらに安くなる

 

基本的には最低返済額のみの支払いを続けるのではなく、毎月千円でも多く支払っていけば利息は安くなります。

 

追加で支払う金額が大きければ大きいほど、利息の節約効果は見込めるのですが、初めてアコムを利用する人は、「30日間金利0%サービス」の特典が利用できます。

 

これによって、さらに利息の総額を減らすことが可能になります。例えば、先ほどの30万円の借入にたいする返済例で、30日間金利0%の適用の有無によってどれほど効果があるかをシミュレーションしてみます。

 

表.30万円(金利18.0%)で金利0%が与える節約効果
月々の返済額 30日間金利0% 返済総額

 

月々の返済額

30日間金利0%

返済総額

13,000円

なし

369,712

13,000円

あり

363,034

16,000円

なし

353,961

16,000円

あり

348,122

18,000円

なし

347,027

18,000円

あり

341,176

 

おおよそ6,000円さらに安くなりました。

 

金利0%サービスを利用し、さらに毎月のアコムの返済を、最低返済額以上になるよう支払いをすすめていけば、とても大きな利子を節約できます。

アコムの利息を安くする方法

 

最後にアコムの利息(利子)を安くする方法をまとめましょう。まず、支払う利子を安くするなら、金利を下げるか、返済までの期間を短くするかの大きく2通りの方針が立てられますが、アコムのケースでは3パターンの方法があります。

 

  • 随時返済をして、完済期間を短くする完済期間を短くする
  • 30日間 金利0%サービスを利用する
  • 金利を今より下げる(アコムと交渉、限度額のアップなど)

 

あらかじめどんな方法があれば分かると、金利を下げたいときに役に立ちます。

 

詳しく見ていきましょう。

 

30日間 金利0%サービスを利用する

 

これはとても大きな利息の節約効果です。このサービスを活用すれば、低金利な銀行カードローンを利用するよりも安い利息で完済することができます。

 

ですから、アコムのカードローンに最も適した人というのは、

 

  • 30日間金利0%の期間内で借りたお金を全額返せる人
  • 半年以内で完済をしたいと考えている人

 

この2通りの人は、他の金融機関よりもアコムのカードローンを利用した方がお得ですよ。

 

返済計画が半年程度の人は、30日間の金利0%の期間中に、できるだけ多めに返済すると利子の節約効果が大きくなりますよ。

 

随時返済をして、完済期間を短くする

 

支払う利息は利用日数に比例して大きくなりますから、1年で完済するよりも11ヶ月で完済した方が利息はその分お得になりますし、5年完済予定のものを3年で完済すれといった大幅な返済期間の短縮は、利息の節約効果がとても大きくなりますよ。

 

アコムは、月1の定期的な返済以外にもATMで返済ができます。収入の多い月は積極的にATMなどで返済を進めるといいでしょう。

 

このような月1の返済とは別で、自分の好きなタイミングで追加で支払うことを随時返済といいます。アコムは大手コンビニATMで返済ができますが、最大216円の手数料がかかります。

 

手数料がかかりますから、少額の返済というよりはある程度まとまった返済で利用するといいでしょう。さらに、アコムATMなら手数料は無料です。

 

ATMの利用料は安いですが積み重なると、利息を節約する意味が薄まってしまいますから、できる限り手数料無料のアコムATMで随時返済をするといいでしょう。

 

交渉して金利を引き下げる

 

アコムの金利を下げるには、前提として一度も支払い遅延がなくきちんと利用していることです。アコムは利用者を信用してお金を貸し出します。

 

その信用は、貸したお金をきちんと返すという前提で成り立っているのです。ですから、延滞など信用を欠く行為をしてしまうとNGです。

 

長期的な滞納や頻繁な延滞をすれば、アコム側が定期的に利用者の返済状況をチェックしていますから、限度額が下げられてしまうこともあります。

 

もし、交渉をお考えならば、きちんと返済期日を守っていること。さらに年収などの他の属性が契約時より向上していると可能性は高くなるかもしれません。

 

限度額を増額する

 

アコムの金利「3.0%〜18.0%」は、利用限度額に応じて設定されます。利用限度額は、借りたい金額を意味しているのではなく、最大で限度額○○円までなら貸せますという意味です。

 

例えば、限度額50万円で10万円を借りたとしても、後40万円借りられますし、繰り返し数万円の金額を借りることが可能です。

 

仮に、限度額50万円(金利18%)で十分だとしても、100万円に引き上げれば、最低でも15%まで金利が下がります。

 

返済中の人ならお得になりますし、現在借りる予定がなくても、金利が下がること利用者にとってメリットがあります。

 

毎月地道に返済日を守り続けて利用をしている人は、限度額を引き上げる増額審査を受けるのも手です。
増額審査は会員ページから申込が可能です。

 

アコム入会時のように、返済能力や審査をアコムが行います。基本的に即日で結果がでますから、金利を下げたいと考えている人は検討してみましょう。

 

まとめ

 

アコムの金利や利息の計算、利子の総額を抑えるための返済方法をご紹介してきました。

 

アコムの上限金利は18%ですが、低金利の銀行カードローン同等もしくはそれよりお得な利用方法があります。
アコムを使うならぜひ活用すべきです。
最後にポイントをまとめます。

 

  • 30日間金利0%サービスは、給料日前のちょっとした金欠に効果大
  • 6ヶ月以内での返済を予定している人は銀行よりも「30日間金利0%のアコム」を利用した方がお得なケースが多い
  • 毎月の返済額は最低返済額のみではなく、少しでも多めに支払うと利子が安くなる

 

アコムはテレビCMも多く、街の様々なとこに大きな広告を展開しているので、利用したことがなくても名前は知っている人も多いでしょう。

 

三菱UFJフィナンシャルグループですし、初めてキャッシングサービスを利用するなら、無名なところではなく、大手で利用すると安心できますよ。

 

この記事を参考にして、利息を安く済ませることが可能なアコムを利用してみてはいかがでしょうか。

アコムやおすすめのカードローンランキング

当サイトおすすめ順ランキング

アコム

アコム

実質年率 3.0%〜18.0%
融資枠 1〜800万円
無利息 30日間

アコム公式サイトへ


プロミス

プロミス

実質年率 4.5%〜17.8%
融資枠 1〜500万円
無利息 30日間

プロミス公式サイトへ


SMBCモビット

SMBCモビット

実質年率 3.0%〜18.0%
融資枠 800万円
無利息 -

SMBCモビット公式サイトへ