アコムクレジットカードの利用限度額について

 

アコムは、ACマスターカードという自社のクレジットカードを提供しています。

 

「アコムのクレジットカードのお得なポイントが知りたい」
「クレジットカードはどうやって作るの?本当にすぐ発行できるの?」

 

クレジットカードを持っていない人や、アコムのクレジットカードを初めて知った人は、公式サイトの説明を読んでも今いちピンと来ないかもしれませんよね。

 

そこで、ここではアコムのACマスターカードがどんなクレジットカードなのか特徴を解説し、カードの発行方法から返済の仕方まで利用上必要なことを一通り紹介します。

 

 

アコムのクレジットカード、ACマスターカードの特徴

 

先入観や誤った認識でカードローンとごっちゃになっている人も意外と多いですが、正真正銘のクレジットカードをアコムは販売しています。

 

まずは、ACマスターカードがどんなクレジットカードなのか分かるよう、特徴をいつくか紹介していきます。

 

 

カード名 アコムACマスターカード
国際ブランド mastercard
入会金 なし
年会費 なし
実質年率 10.0%〜14.6%
利用限度額 最高300万円まで
返済方式 定率リボルビング方式
発行スピード 最短即日

 

申込条件は収入の安定した20歳以上

 

基本クレジットカードの場合、申込年齢は18歳(高校生不可)というのが一般的です。それに対してACマスターカードは20歳以上(未成年不可)でないと申込ができません。

 

これはアコムのカードローンと同じ条件になりますが、安定した収入が毎月あることも必要でこれがACマスターカードの利用でも重要になってくるということです。

 

年会費無料

 

ACマスターカードは年会費無料で利用できます。有料のクレジットカードは、ポイント還元率が高かったり、有事の際の補償やお得な特典が多いのが特徴。

 

しかし、買い物するときにカード払いができれば満足で余計な機能を必要としない人であれば、ACマスターカードはシンプルで使いやすいクレジットカードです。

 

余計な費用がかかりませんから、持っているだけでも損することはありません。

 

カードローンとしての利用も可能

 

アコムのACマスターカードは買い物の代金を支払うときのカード払いができるのはもちろん、カードローン機能がついているのでアコムから融資を受けることも可能。

 

お金を借りる機能になりますが、使う予定がないのであればそれでも問題ありません。急な用事で現金が必要になったときに手持ちのお金だけでは足らない場合には、役立つ機能です。

 

  • 友人の結婚式が重なったとき
  • 仕事上の付き合いで交際費がかかる
  • 急な怪我や病気による医療費

など

 

コンビニATMなどで現金の借入が可能ですから、カードローンは想定外の出費に備えることができるのです。

 

 

アコムのキャッシング詳細についてはコチラ

 

最短即日でカード発行可能

 

アコムACマスターカードの最大のメリットは申込当日の即日融資が可能ということ。この点、ほとんどのクレジットカードは申込から発行まで1週間前後かかりますから、圧倒的な発行スピードを誇ります。

 

更にACマスターカードは、夜10時まで営業している自動契約機(むじんくん)でも発行できます。全店舗がカード発行に対応しているわけではありませんので、事前にアコムの公式サイトで確認しておくのがポイント。

 

緊急で海外に行く予定が入ってしまっても、アコムならクレジットカードを提供できます。

 

限度額まで繰り返し利用可能

 

ACマスターカードにはショッピング用とカードローン用に限度額が設定されます。キャッシング枠のあるクレジットカードと基本的に同じです。

 

利用枠 限度額
ショッピング枠 10万〜300万円
カードローン枠 1万円〜800万円

 

限度額は最終的には審査によって決まります。例えば、ショッピングの限度額が30万円、カードローンの限度額が50万円といった具合にです。

 

当たり前ですが、ショッピング枠30万円で35万円の買い物の支払いはできません。限度額を超えない範囲でなら繰り返し何度でも利用できます。カードローンも同様です。

 

毎月の利用金額から自動的に0.25%キャッシュバックされる

 

毎月の利用した金額の0.25%にあたる金額がキャッシュバックされます。その分の現金が手に入るということではなく、キャッシュバック分が利用金額から差し引かれます。

 

キャッシュバック金額のおおまかな目安は次の通りです。

 

金額

請求額

キャッシュバック

10万円

99,750円

250円

20万円

199,500円

500円

30万円

299,250円

750円

40万円

399,000円

1,000円

50万円

498,750円

1,250円

 

決して大きな金額とは言えません。他のクレジットカードにはポイントが貯まる仕組みがありますが、ポイントには有効期限があるので交換し忘れる心配があります。

 

誰もが一度は経験したことがあるのではないでしょうか。しかし、自動で毎月キャッシュバックされるので、し忘れる心配は無用です。

 

利用明細の郵送なし

 

カードの利用明細は毎月自宅に送付されるのが一般的ですが、ACマスターカードは会員ページからチェックできるように変更することができます。

 

アコムの会員ページにログインしたら、「交付書面の受取方法登録・変更」メニューで選択できるようになっているので簡単に変更手続きができます。

アコムのクレジットカードの審査申込


ACマスターカードは最短即日で発行できるといっても審査に通らないとカード発行は不可です。ですから、審査申込のポイントを事前に押さえておくことが重要。

ここでは、アコムのクレジットカードの審査申込についてみていきましょう。

審査の内容はアコムカードローンと全く同じ


ACマスターカードの申込内容はアコムカードローンと全く同じです。そして最短30分の審査スピードですぐに審査結果が分かります。

審査結果の連絡がきた際に、「マスターカード発行希望」と伝えなくてはなりません。ここが最大のポイントです。心配なら申込時の段階で、アコムのフリーコールかお客様相談センターに連絡して事前に伝えておくのもありでしょう。

審査申込はネットからの申込がおすすめ


ACマスターカードの申込は公式サイトからがおすすめです。時間が関係ないですし、パソコンやスマホ、携帯電話からできるので、自宅や勤務先、喫茶店などから手軽に申し込めます。

即日でクレジットカードを受け取るには、自動契約機(むじんくん)でカード発行がベストです。自動契約機(むじんくん)の営業時間は夜10時までなので、仕事帰りの時間でも十分発行が可能です。

申込

営業時間

休業日

自動契約機
8:00〜22:00※
年中無休
※一部店舗により異なります。

自動契約機(むじんくん)は、申込からカード発行までできますが、審査の時間によっては1時間程度その場にいなければなりません。先客がいると待ち時間が発生します。

ですから、極力時間をかけずにスマートにACマスターカードを発行するなら、公式サイトから申込・審査を済ませて、自動契約機(むじんくん)でカード発行が最短ルートの手順でしょう。

審査のおおよその目安は3秒診断でわかる


審査に通るか通らないかがカギになります。しかし、審査の内容や基準は一切公開されていません。ですから、申込の段階で不安になる人も多いでしょう。

アコムのACマスターカードには「3秒診断」というカード発行が可能かどうかを簡易的にチェックするツールが用意されています。たったの3項目を入力するだけで、カード発行が可能かどうかを教えてくれます。

  • 年齢
  • 年収
  • 他のローンの総額(ない人は0円)

例えば、年齢が20歳未満だったり、ローンの総額が年収の1/3を超える人は、「お借入可能の判断ができませんでした。」と表示されます。一方、特に問題がない場合は「お借入できる可能性が高いです。」と表示されるはずです。

審査では、上記3項目以外に勤務先や勤続年数など、他の情報やこれまでの信用情報などをチェックして総合的に判断します。ですから、「3秒診断」は審査通過を約束するものではありません。しかし、審査を通過する可能性があるのかどうかを知る目安になります。

申込をするときは、必ず事前に「3秒診断」をしてチェックをしましょう。

アコムACマスターカードのショッピング枠に関して


ACマスターカードは国際ブランドが「Mastercard」です。

国内・海外のMastercard取り扱い店舗なら買い物でカード払いが使えます。クレジットカードでは、VisaとMastercardの2大ブランドが世界で最も普及しているので、1枚持っておけば海外旅行時も安心して使えるでしょう。

ただし、ACマスターカードはリボ払い専用のクレジットカードです。会計時にレジで「1回払い」と伝えても、カードの請求はリボ払いで計算されるので注意してください。

アコムACマスターカードの返済日の設定


クレジットカードは使い慣れるととても便利です。現金不要で、レジで小銭を受け取る手間もなくなります。しかし、後払い請求のため、現金を使っている感覚が薄れ、使いすぎてしまい、後の請求金額をみてびっくりした経験のある人は少なからずいるでしょう。

ACマスターカードはリボ払いのため、高額請求にはなりませんが、いつまでたってもショッピングのリボルビング残高が減らないといったことが起きます。

そうならないためにも、返済についてきちんと理解しましょう。まずはACマスターカードの返済日についてです。返済日は次の3パターンあり、自分の好きなものを選ぶことができます。

  • 35日ごとの返済
  • 毎月指定日返済
  • 毎月6日の返済

それぞれの返済日の特徴についてみていきましょう。

35日ごとの返済


注意したいのが初回の返済日です。ACマスターカードの締め日は20日です。35日ごとの返済の初回返済日は翌月7日から35日後になります。

2回目以降の返済日は、支払った二日の翌日から35日後に設定され、完済まで続くことになります。

毎月○○日に返済といった固定日ではなくなります。自分の好きなタイミングで返済をしたい人向けといえるでしょう。

毎月指定日返済


毎月5日や10日、月末など、自分の都合のいい日にちを指定できます。毎月決まった日に給料が振り込まれる会社員やアルバイトの人にとって、最も支払い安い方法ではないでしょうか。

給料日後に設定すれば、金銭的負担が最も少ない理想的な返済が可能です。気をつけなくてはいけないのは、当月の返済として有効なのが「返済日から15日以内」の期間ということ。

この期間内に支払えば、その月の返済を済ませたことになりますが、15日よりも前に支払いをすると、前月の追加返済として扱われるので注意が必要です。

毎月6日


毎月6日は、口座振替限定の支払い方法です。

締め日が20日なので、対象のカード利用期間は20日までの利用分の最低返済額が、翌月6日に支払われるということです。

支払い忘れが起きづらいので、最も安全な返済方法です。

アコムACマスターカードの返済方法


ACマスターカードの返済方法は次の3パターンあります。

  • ATM
  • インターネット返済
  • 銀行振込

それぞれについて詳しくみていきましょう。

ATMから返済


アコムは自社ATM以外にも提携するATMが多くあります。大手コンビニチェーンやメガバンクのATMも使えるので、返済には便利でしょう。

ただし、提携ATM全てがクレジットカードのショッピング枠の返済に対応しているわけではありませんので注意が必要です。一例として、対応しているATMは次の通りです。

【ショッピング枠の入金が出来る提携ATM一覧】

  • 三菱UFJ銀行ATM
  • 三井住友銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • クレディセゾン
  • ゼロバンク

など、メジャーなATMは抑えているので、それほど気にする必要はありません。

なお、アコム専用のATMは手数料がかかりませんが、提携ATMは数百円程度の手数料がかかります。

ATMから返済


利用者のインターネットバンキングからアコムへネット返済ができます。ネット返済は手数料無料ですし、土日・祝日であってももちろん支払いが可能です。

実は、アコムのネット返済には、24時間いつでも即銀行振込みができるペイジー(Pay-easy)の仕組みを利用しています。

そのため、全てのインターネットバンキングではなくペイジー対応の金融機関に限られます。限られるといっても多くの金融機関は対応していますよ。

  • 三菱UFJ、三井住友、りそな、楽天銀行など90行(2018年5月1日時点)
  • 信用組合は40行(2018年7月17日時点)
  • 信用金庫は250行(2018年4月2日時点)

インターネットバンキングは、口座を持っているだけでは利用できません。各金融機関にて利用手続きを済ませないと使えませんので、アコムのネット返済を利用するなら事前にインターネットバンキングが利用可能な状態にしておかないとなりません。

銀行口座振込から返済


アコムの返済用口座に銀行振込で支払うことが可能です。

返済用の口座は会員ページにログインして、「返済時の振込入金口座照会」メニューで確認ができます。近所のATMから振込をして支払いたいという方は、アコムの返済用口座の確認方法は覚えておきましょう。

なお、インターネット返済とは違い振込手数料がかかります。

自動引き落としで返済(口座振替)


口座振替は毎月6日の自動引き落としになります。6日が土日・祝日の場合は翌営業日に引き落とし日が変更されます。

毎月決まった日に返済が実行されるので、返済計画を最も管理しやすい方法でしょう。支払い忘れると延滞金がかかります。余計な費用をかけないためにも、少しでも支払い忘れの心配がある人は口座振替がいいですね。

また、契約当初は口座振替を使っていなかった人も、後から変更手続きをすれば口座振替が利用できます。その場合は、自動引き落としが利用できるようになるまで2〜3ヶ月ほど時間がかかってしまいます。

一般のクレジットカードとACマスターカードの違い

 

ACマスターカードは、普通のクレジットカードと何が違うのでしょうか?他のカードと比較することで、ACマスターカードの特徴がみえてくるのです。

 

ここでは、一般的なクレジットカードとACマスターカードの違いについてみていきましょう。

 

ポイント制度はない

 

多くのクレジットカードには、「○○円につき1ポイント」といったポイントが貯まるサービスがあります。ポイントで買い物ができたり、家電製品や旅行券などの特典と交換できたりと、クレジットカードによって多彩です。

 

ポイントは、カードを使い続けるともらえるご褒美のようなものですが、このようなポイント制度がアコムACマスターカードにはありません。

 

強制リボ払い

 

ACマスターカードは「リボ払い専用」のクレジットカードです。レジで「一回払い」の買い物をしたとしても、自動的にリボ払いになります。言い換えれば、一括払いのシステムがありません。

 

クレジットカードの一括払いは手数料がかかりません。一方、毎月の返済額が一定になるリボ払いには、リボ手数料(ローンの利息に相当するもの)がかかります。

 

クレジットカード

支払方法

手数料

一般のクレジットカード

1回払い

なし

ACマスターカード

リボ払い

あり

 

しかし、ACマスターカードで、一括払いをするテクニックがあります。ショッピングで利用した分をきっちり全額翌月に支払いたい人におすすめの方法です。

 

ACマスターカードの締め日は20日ですが、翌日21日から翌月6日までに支払いを済ませると、リボ手数料が無料になります。つまり、この期間中にショッピングの利用分を全額返済すれば、手数料0円ですから実質一回払いと同じになるのです。

 

家族カードやETCカードはない

 

クレジットカードには付帯サービスとして、家族カードやETCカードを発行できるものがあります。ETCカードは高速や有料道路で、現金ではなくカード払いが可能になり、家族カードは、契約者の家族で、カード発行の難しい専業主婦や学生にカードを持たせることができます。

 

ACマスターカードには、家族カードやETCカードを発行するサービスはありません。

 

まとめ

 

アコムのACマスターカードの利用方法について紹介してきました。

 

ACマスターカードのポイントを整理します。

 

  • 最短30分のスピード審査で、即日のカード発行可能!!
  • 「公式サイトからの申込+自動契約機(むじんくん)」が最短ルートの手順
  • 毎月、支払い金額の0.25%がキャッシュバック。その分返済金額は安くなる!
  • ACマスターカードはリボ払い専用カードだが、リボ手数料無料期間に全額支払えば一回払いが可能

 

アコムは三菱UFJフィナンシャルグループなので安心できます。ポイント制度がありませんが、海外の買い物でも使えます。メインではなくサブのカードとしての利用価値も十分あるので、ぜひ検討してみてください。

当サイトおすすめ順ランキング



公式サイトへ




公式サイトへ





公式サイトへ